Loading…
...
Attending this event?
イノベーション教育学会の年次大会は第5回目を数え、この度は、2017年11月に早稲田大学にて開催することとなりました。今回は、「イノベーション教育の新潮流」と題し、講演、ワークショップ、ポスターセッション、パネルディスカッションを開催します。イノベーション創出の活性化のため、国内の高等教育機関において、様々なアントレプレナー教育手法や視点の導入が行われています。今大会では、その中でも教育の導入としては新しい「コーチング」と、「社会イノベーション」に焦点をあて、議論を展開します。また、ポスターセッションにより、各機関が行っている先進的な事例発表や、イノベーション教育の最新事例共有の機会も設けました。教育関係者はもとより産業界からも多くの方々による、ポスターセッションでの発表等、積極的なご参加をお待ちしております。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
開催概要(参加方法と発表登録)
View analytic

開催日程および内容

第1日目:11月25日(土)
・基調講演、コーチングワークショップ
・交流会(会費3000円) 

第2日目:11月26日(日)
・ポスター発表
・ポスター発表者によるピッチ
・パネルディスカッション

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大会テーマ イノベーション教育の新潮流


イノベーション創出の活性化のため、国内の高等教育機関において、様々なアントレプレナー教育手法や視点の導入が行われています。今大会では、その中でも教育の導入としては新しい「コーチング」と、「社会イノベーション」に焦点をあて、議論を展開します。 

テーマ1:イノベーション教育における内発的動機の育成とビジョン形成
コーチングは、クライアントの内発的動機の引き出し、ビジョンメイキングに有用とされ、受講者自身のやる気と目的・目標設定が不可欠なイノベーション教育における有効性が期待されています。ビジネスの世界では盛んに取り入れられ、米国の大学におけるイノベーション教育でも導入が図られています。しかし、国内では導入の試みが始まったばかりであり、有効な教育手法の開発は模索段階にあります。本大会では、新規事業創出に向けてコーチングを導入している企業の事例等を共有し、教育現場での応用可能性を探ります。

テーマ2:社会イノベーション創出に向けたイノベーション教育
イノベーションは、環境、エネルギー、福祉、コミュニティなどの様々な領域における社会課題を解決し、人類の幸福に貢献する役割を担うことが期待されています。また、新規技術の開発から新規製品、新規事業を創出したとしても、規制や倫理などの社会システムとの連動がなければ、市場展開は困難です。すなわち、イノベーションと社会との関係は不可分といえるでしょう。本大会では、社会イノベーションの視点を重視した教育に取り組む方をお招きし、社会とシーズをつなぐ知見を共有し、議論します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学会参加登録(登録締切:11月23日(木))

学会への参加はこちらのページから登録して下さい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポスター発表(申込締切:11月15日(水))


【ポスター発表登録方法】
こちら
の登録フォームを記入し、11月15日までに事務局までメールにて送付してください

 送付先 y_maruyama@aoni.waseda.jp

【ポスター発表について】
・イノベーション教育にかかる幅広いテーマでのポスター発表を募集します。
・ポスター発表者は、短時間での概要のプレゼンテーション*と、ポスター前での説明の「両方」をお願いします。
・ポスターサイズは、模造紙【四六判相当】の縦長(横788mm × 縦1091mm)またはAゼロ判の縦長(横841mm × 縦1189mm)で、ピン留めまたはテープ留めです。
・ポスター発表は無料ですが、学会参加登録と参加費(2000円)の納入が終了していることが必須条件となります。
・参加者、パネラーが投票を行い優秀なポスターを選出し、表彰します。
・ポスター掲示は、25日(土)開催期間時間内、あるいは26日(日)9:30-10:00間で各自お願いします。

【ポスター概要プレゼンテーションについて】

一人あたりの持ち時間は3分とします。発表資料はスライドで9枚、発表時は一枚あたり20秒で自動設定しますので、それに合わせて発表をお願いします。
発表イメージ:Pechakucha night Tokyo
http://www.pechakucha.org/cities/tokyo
 

発表資料送付締め切り 11月17日(金)

送付先  y_maruyama@aoni.waseda.jp

 
【発表キーワード】
(1)教育コンテンツ:
意識醸成・コーチング、アイデア創出、ビジネスモデル など
(2)学習方法:
アクティブラーニング・PBL、インターンシップ、遠隔教育 など
(3)教育組織:
カリキュラム、FD、学内体制 など
(4)事例:
産学官連携、地域連携、国際連携 など

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イノベーション教育学会 第五回年次大会

主催:イノベーション教育学会

共催:WASEDA-EDGE 人材育成プログラム

 

 

第五回年次大会実行委員

【実行委員長】 
髙田 祥三 早稲田大学理工学術院・教授

【実行委員】
朝日 透   早稲田大学理工学術院・教授
井上 達彦  早稲田大学商学学術院・教授
小林 直人  早稲田大学研究戦略センター・教授
島岡 未来子 早稲田大学研究戦略センター・准教授
高橋 真悟  早稲田大学理工学術院・教授
東出 浩教  早稲田大学商学学術院・教授
樋原 伸彦  早稲田大学商学学術院・准教授
丸山 祐丞  早稲田大学ナノライフ創新研究機構・客員次席研究員

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お問い合わせ先:
島岡未来子 m.shimaoka@aoni.waseda.jp
丸山祐丞 y_maruyama@aoni.waseda.jp